孤独 Aug. 17th, 1996
作詞 Tomo  作曲 Tomo







*









**

都会の雑踏の中 ふと振り返ると
周りは人で溢れているのに 孤独を感じる
一人一人がそれぞれの場所に向かって歩き
隣の奴の事なんか誰も 気にも止めちゃいない

こんな冷たい世の中で今
行き場を失って立ち尽くす俺は
なす術もなく人の波に
のまれて彷徨う たった一人ぼっち

信頼できる友人や 彼女でさえも
自分じゃないってことは つまり他人ということ
誰も俺の悩みや問題 解決できやしない
そうさ最終決着は自分でつけるしかないね

人は誰でもみんな孤独を
背負って生きてく動物なのさ
時間と空間の中で
俺は今日も たった一人ぼっち

俺は弱い人間だから
君の力が必要だけど限界あるよね
人に頼らず自分の事は自分で決められる
勇気と強さが欲しいだけなのか

* 繰り返し
** 繰り返し
演奏:
Tomo : Vocal, Rythm Guitar,
Lead Guitar, Drum,
Background Vocals, Bass


コメント:

この曲のオリジナルは1996年8月17日に収録完了。Demo Vに収録されている。
2006年7月15日にリメイク収録完了。
2006年7月15日にネット上にて発表。

この曲はヒトの「孤独さ」を感じる曲。人はヒトリで生きていくチカラが必要。勿論、たくさんの人に支えられたり、支えたりするわけなんだけど、自分は他の人にはなり得ないし、他の人も自分にはなり得ない。最終的には自分しかいないのかなって、ふと思うときがある・・・。

人は「孤独」・・・生まれてくる時も、死んでいく時もヒトリ・・・

基本的にダークでロックな曲。